準備が必要だった美容クリニックの店舗内装や開業費用

資金的な余裕があったので店舗内装を良いものにできた

美容クリニックを開業するため金融機関へ様々な手続きを行って開業資金を準備資金的な余裕があったので店舗内装を良いものにできた

患者さんのプライバシーを守るためにも、必要な商品だったので品質の良いものを用意しました。
開業のために利用する店舗は駅の近くで、以前は歯医者として利用されていた所でした。
配電などの設備も整っていたため最小限の工事で、開業のための準備ができました。
女性が入りやすい建物の雰囲気を作るため、椅子などのデザインにもこだわりました。
多少費用が高くなりましたが、十分な資金があったので特に問題になりませんでした。
工事を依頼する会社に坪単価などの情報を聞き、特に問題がなかったので作業を頼みました。

最新デザイン作品の一部をご紹介いたします! FMC東京クリニック https://t.co/hVRvfr1gS3 #店舗デザイン #店舗設計 #内装事例 #店舗内装 pic.twitter.com/Rd1VXHFAEC

— 店舗デザイン.COM (@tenpodesign) May 6, 2017
手術などをする専用の機械の費用は高めでしたが、患者さんに良い治療を受けてもらうために最新のものを依頼しました。
工事は二週間ほどで終わって追加料金などもなく、予定通りの費用ですんだので助かりました。
初めて美容クリニックのビジネスを始めましたが、公的な支援制度などを使ったので比較的楽にできました。
資金的な余裕があったので店舗内装をよいものにできたので、利用者からも評価されています。
便利な起業支援の制度を使ったため、理想的な形でビジネスを始められました。