準備が必要だった美容クリニックの店舗内装や開業費用

様々な手続きを行って開業資金を準備

事前に連絡をしてから相談に行ったのですが、こちらの事情に合わせた対応をしてくれました。
事業計画書などを渡すと細かくチェックして、書類に関する質問を何度か受けました。
今まで美容関係の仕事をしていたと話すと、相手の対応がよくなりました。
事前に計算しておいた店舗内装費用の書類を渡すと、納得してくれたらしく安心しました。
ただ資金を借りる手続きをするためには、住民票などが必要だったためすぐにはできませんでした。
後日必要な書類を用意してから、また国の金融機関に行って手続きをしました。
国の金融機関で手続きをする時に、便利なサービスがあると紹介してくれました。

アドバイスしてくれたのは住んでいる市の支援制度で、起業資金を提供してくれるものがあると聞きました。
まとまった資金を好条件で得られる制度だったので、支援を受ける手続きをするために役所に行きました。
事前に書類などを用意していたので、それほど難しくなく手続きができました。
数日後に審査に通ったと電話で連絡が来て、開業費用を用意できそうだと感じました。
国の金融機関からも資金を得られる連絡が来たため、十分な資金を用意できました。
美容クリニックを始めるための店舗内装では、カーテンが重要だと以前から聞いていました。

美容クリニックを開業するため金融機関へ様々な手続きを行って開業資金を準備資金的な余裕があったので店舗内装を良いものにできた